蜂蜜の秘密

蜂蜜の甘み成分

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

花のみつにはもともと、ショ糖が多く含まれています。このみつは、はちによって運ばれ、集められて「蜂蜜」となるんですが、このとき、はちの唾液の中に含まれている酵素によって、ショ糖は分解され、ほとんどがブドウ糖と果糖になります。そのほかは、デキストリンや花粉、ろう、及び蟻酸(ぎさん)などです。デキストリンというのは、デンプンを酸、酵素、熱などの作用で分解するときに生じる粉末状あるいは粒状の固体です。そして、蜂蜜の特徴でもある「蟻酸」というのは、赤ありやはちの体内にある刺激性の酸です。

蜂蜜には、砂糖にはないビタミン類が含まれており、栄養的も優れています。栄養的な面とは別に、砂糖と大きく変わる点として、蜂蜜には、はちがどの花から集めてきたかによって、独自の風味があるということでしょう。みかん、レンゲソウ、アカシア、そば、梨、とち、といった花の蜂蜜が、風味がよいとしてよく知られています。なら、栗といった、花自体、わたしにとってさほどなじみがないものの花からも蜂蜜はつくられます。
評価はそれぞれですが、個人の好みによって味や香りを楽しめるというのも、蜂蜜の醍醐味なのと思います。いろいろな蜂蜜を取り寄せて、食べ比較してみるのも楽しいかも知れません。
ちなみに、蜂蜜は、本来うすい黄色で、澄んでいるものが良いとされます。気温がさがると白くにごりますが、これはブドウ糖が固まったためで、品質的にはまったく変わりません。