蜂蜜の秘密

蜂蜜の糖質

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

蜂蜜は様々な天然の栄養成分を含む、優れた栄養食品です。その豊富な成分の80パーセントを占めるのが、糖分です。

わたしの身体にとって必須な栄養素は、大きく次の6つに分類されます:「糖質」、「脂質」、「タンパク質」、「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」です。このうち、蜂蜜に多く含まれている「糖質」は、即効性のエネルギー源となる栄養素です。糖質は、1グラムで4カロリーです。1グラム9カロリーの脂質に比べると約半分のパワーではありますが、即効性に優れているのが特徴です。砂糖や蜂蜜など、甘味料は勿論のこと、ご飯やパン、麺類、いも類など、所謂主食と呼ばれるものに多く含まれています。重要な栄養素ですが、その一方でとりすぎると肥満の要因にもなります。

糖類は、単糖類と、単糖類が結合した二糖類、2〜6つながったオリゴ糖、単糖類がいくつもつながった多糖類などがあります。


蜂蜜の糖分は、主としてブドウ糖と果糖で、これは花の蜜の主成分であるショ糖が、ミツバチの消化酵素によって分解されたもんです。ブドウ糖や果糖は、ショ糖に比較して栄養生理学的に優れていると言われます。それは、ショ糖が「二糖類」にも関わらず対し、ブドウ糖や果糖は、「単糖類」という単純な構造の糖分だからです。ちなみに、穀物などの糖類は「多糖類」に分類されます。つまり、単糖類の場合、それ以上分解される必須ないため、短時間で体内に吸収され、胃腸に負荷をかけなくてすむんです。