蜂蜜の秘密

蜂蜜と脳のエネルギー

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

脳は、(たとえどのようなに頭のよい人でも!)体重の2パーセントほどの重量しかありません。しかしこの脳は、基礎代謝量の約18パーセントのエネルギーを消費する「大食漢」なんです。

わたしは、何もしていないときまでも、たくさんのエネルギーを必須とするのです。日本人の平均体温は、36度です。この温度に水を温め続けていくということ自体、かなりのエネルギーが必須なはずです。こんな風に、寝ていても、つまり前向きに身体を動かしていなくても、わたしの身体はエネルギーを大量に消費しているわけです。これが基礎代謝量です。

脳は、この基礎代謝量の約20パーセント近くを消費するということは、基礎代謝量が1日に1500キロカロリーとすると、脳だけで300キロカロリーを消費するということです。しかしこの脳は、大食漢であるだけでなく、強烈な偏食でもあります。脳は「ブドウ糖」しか消費しないんです。ブドウ糖は1グラム4キロカロリーの熱量を持ちますから、300キロカロリーというと、ブドウ糖75グラムに相当するのです。そして、実際には、脳以外の神経組織、赤血球、精巣などもブドウ糖をエネルギー源とするのです。

そして、人間はずっと何もしないわけではありません。食べた食物を消費するのにもエネルギーが必須です。病気や細菌、ストレスと戦うためにもやっぱり大量のエネルギーが消費されるんです。

そう考えると、いかに効率的にエネルギーを摂取するかということは大変大事なことなんです。

蜂蜜は、成分の約80パーセントが糖分で、その殆どがブドウ糖と果糖という、とても消化吸収の良い糖質です。蜂蜜がすばやい栄養補給として運動のときに有効なのも、それゆえです。