蜂蜜の秘密

蜂蜜の見分け方

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

蜂蜜は一般的に、うすい黄色で、澄んでいるものが上質されます。とはいえ、蜂蜜は、ミツバチがいろいろな花から採集してきたもんです。みかん、レンゲ草、アカシア、そば、トチ、ナシ、そのほか栗やナラなどの蜂蜜もあります。それぞれ独特の風味や香りがあり、人それぞれによって好みがあるでしょうし、使い道によって使い分けると楽しいでしょう。

そこで、ここで一般的に蜂蜜の品質をどんな点に着目してみわけたならばいいか、をお話するのです。

1.香り・・・過剰に加熱されておらず、酵素や香りの成分が破壊されていない蜂蜜は、独特のよい香りが失われていないはずです。
2.色・・・蜂蜜は、高温で加工や保存したり、長時間、加熱しすぎると、色が褐色を帯びてきます。そして、食べられないということではないんですが、長期保存されたものはやっぱり色が濃くなります。
3.結晶・・・蜂蜜が液状やクリーム状、あるいは結晶となっている場合がありますが、これらは品質とは関係性ありません。蜂蜜は、温度が低いと結晶化するのです。そして、蜂蜜の表面に白い層ができたり、ビンの内側に粒粒がついたりすることがありますが、白い層は空気の泡でもありますし、粒粒は結晶の一種であり、これも自然にできたもので、品質とは関係性ありません。
逆に、不自然に結晶の少ないもの、もしくは結晶がないものというのは、加工が施された蜂蜜であり、自然そのものではないといえるでしょう。