蜂蜜の秘密

蜂蜜の料理への利用

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

蜂蜜は、朝食のパンに塗って食べたり、100パーセント果汁に加えて栄養満天のジュースにしたり・・・と、そのまま食べても勿論おいしいんですが、調味料として、ちょっとした隠し味として、活用すると、お料理の腕がぐんとあがります。

蜂蜜は、甘みだけでなく、酸味や香りなど、複雑な味わいがあります。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素といった様々な栄養成分も含まれています。これを料理に加えれば、コクと深い味わいが出るんです。そして、蜂蜜は、花の種類によってその風味が変わりますから、それが料理にも生きて、様々な風味を楽しめるんです。

蜂蜜は、ミツバチの保存食ですから、大変保存性の高い食品です。殺菌性に優れていることから、蜂蜜をお料理に使うことで傷みににくくなります。夏場や、お弁当のおかずには、蜂蜜を使うと安心です。

たとえば、こんな使い方はいかがでしょう?

ご飯にプラス!
ご飯を炊くときに、少量の蜂蜜を加えます。するとごはんがふっくらとおいしく炊き上がります。ふっくらとするのは、蜂蜜に含まれるブドウ糖と果糖が、お米に浸透して保水性を高めるからです。そして、デンプンの一部が分解され、麦芽糖に変わることから、うまみが出るんです。ふっくら炊き上がったご飯は、それだけでご馳走です。

ちなみに、お料理に使うときの目安は、砂糖大さじ2杯=蜂蜜大さじ1杯にするのです。入れすぎると甘くなりすぎてしまいます!