蜂蜜の秘密

結晶化した蜂蜜の溶かし方

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

蜂蜜は気温が下がると、白くにごってきます。これはブドウ糖が固まったためで、品質にはまったく関係性がありません。花粉が除去されていない「本物」の蜂蜜の証拠といえるでしょう。むしろ、冬になっても白濁しない蜂蜜は、なんらかの加工が施されているということで天然そのものではないといえると思います。

結晶化した蜂蜜は、そのままトーストしたパンに塗って召し上がったり、飲み物に入れて召し上がっていただいても十分、本来の味をなんら損ねるものではありません。お料理にお使いになる場合も勿論同様です。
とはいえ、勿論溶かしていただくこともできるでしょう。

簡単に溶かすことができるでしょうので、お試しください。

*ただし、蜂蜜を長時間高温で加熱すると、糖質が変色し、褐色がかったように色が濃くなります。そして、香りの成分が破壊されて本来の芳香が失われる場合がありますので、注意してください。

蜂蜜の結晶を溶かす方法

1.結晶した蜂蜜が、容器ごと入るくらいの大きめのなべ(あるいはボウル)をご準備ください。そこにお湯(45度程度・・・お風呂よりも少々高めです)をはり、ふたをとった蜂蜜の容器をそのままそっと入れます。
2.蜂蜜が次第に溶けてきますので、スプーンなどでゆっくりとかき混ぜます。
*お湯の温度が下がったならば、お湯を入れ替えるか、あるいは更に大きななべにお湯をはり、なべを直火で(くれぐれも弱火で!)温めます。