蜂蜜の秘密

レンゲとアカシアの蜂蜜

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

蜂蜜は、ミツバチがいろいろな花から採集してきたみつから作られます。したがってひとくちに「蜂蜜」といっても、ミツバチがどの花から採集してきたかによってその風味も、香りも、色も・・・微妙に異なります。

実際、1キログラムのみつを集めるのに、ミツバチは560万もの花を訪れるというんですから、ミツバチさんたちには、本当に「ご苦心さま!」といいたいです。

ミツバチが訪れる花は、レンゲ、アカシア、みかん、そば、とち、ナシ・・・などが知られています。またこれらの花からとられた蜂蜜は、良質なことでも知られています。その他にも、栗やナラなどもあります(はたして栗の花とは? ご存知の方のほうが少ないのことと思います?)

それぞれの花によってその持ち味は様々です。代表的な蜂蜜についてその特徴をかいつまんでご紹介して下さい。

●れんげの蜂蜜
日本では最も一般の蜂蜜の一つです。クセがなく、ふっくらと柔らかな口当たりは、お子様からお歳を召した方々まで評判があります。香りもよく、そのままトーストやホットケーキにかけて召し上がっていただくのにぴったりです。


●アカシアの蜂蜜
レンゲと並び、日本でとても評判の高い蜂蜜です。クセがなく、香りが淡泊で、ソフトな甘さが特長です。お料理に用いると、素材本来の風味を生かし、相乗的においしさをアップすることができるでしょう。フルーツの蜂蜜漬けや、ドーナッツなどのお菓子作りにぴったりです。