蜂蜜の秘密

甘露蜂蜜

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

一般に蜂蜜というと、ミツバチがレンゲやクローバー、アカシアなど、様々な草花や樹木の花から採集してきたものとして知られています。これは「花蜜」あるいは「ネクター」と呼ばれるもんです。一方、蜂蜜の中には、ヨーロッパで「森の蜜」と呼ばれている、別の種類の蜂蜜「甘露蜂蜜」があります。これらはヨーロッパの家庭で伝統的に用いられ、愛されてきたもので、様々な木の樹液や植物に寄生するほかの昆虫が出す分泌物をミツバチが採集してきたもんです。

日本では殆ど販売されていないことから、一般的にお目にかかることも、その味を試す機会もさほどありません。ところがヨーロッパにご旅行などで行かれた際には、ぜひ、食してみられてはいかがでしょう。ひょっとしたならば病みつきになってしまうかも・・・しれません。

たとえば、ドイツで、「もみの蜂蜜」と呼ばれる蜂蜜が愛され、また珍重されています。ドイツの最高級に位置する蜂蜜です。実はこの蜂蜜、もみの木の花?ではなく・・・もみの木に寄生する「アブラムシ」の分泌物をミツバチが集めてきたものなんです。ミネラルが豊富で、色は黒蜜のような褐色をしています。麦芽糖のような香りがし、ブドウ糖や果糖がその大半を占める蜂蜜と異なり、ショ糖が多いのが特徴です。

花蜜も甘露蜂蜜も、それぞれの地域で、それぞれの食生活の伝統のなかで育まれてきた自然食品です。世界各地を回る機会があったなら、これらの地域色豊かな蜂蜜をぜひ、味わってみてはいかがでしょう。