蜂蜜の秘密

ローヤルゼリー

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

はるか昔、紀元前4世紀に哲学者アリストテレスが、その著書「動物誌」にも記したという「ローヤルゼリー」。当時からその豊かな栄養は、神秘な醍醐味で世界の注目を浴びていました。

ところでこの、蜂蜜とは色も味覚も異なるクリーム色の液体はいったいなんなのでしょうか? アリストテレスは、この液体に浮かぶミツバチの幼虫が女王蜂へと成長することから、この液体、「ローヤルゼリー」そのものから女王蜂が生み出されると理解していたようです。勿論、実際にはそのようなことはありません。
女王蜂が生涯にわたって食する唯一の食物、それがローヤルゼリーです。「王乳」と呼ばれるのもそのためです。

同じ有精卵から生まれたミツバチも、孵化した当初は・・・3日間だけですが・・・ローヤルゼリーを与えてもらえます。ところがその後も続けてこの魔法の食物を口にすることができるのは、将来女王となる「女王蜂の幼虫」だけです。そのほかの幼虫たちは、将来働き蜂となるべく、花粉と蜂蜜が混じったえさで大きくなるんです。

将来、女王として君臨することになる「姫君」は、王台と呼ばれる部屋でローヤルゼリーだけをおなか一杯食べてすくすくと成長し・・・働き蜂たちとはまったく別の生涯を送ることになります。身体の大きさは、働き蜂の約2〜3倍に成長するのです。寿命も3〜4年と、働き蜂の30〜40倍の長寿を全うするんです(働き蜂の寿命はせいぜい1ヶ月程度と言われています)。