蜂蜜の秘密

ローヤルゼリーの生産

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

ミツバチ社会において産卵能力をもつほぼ唯一ともいえる存在として、君臨する女王蜂。種の存続をかけ、3〜4年にわたる生涯において、1日1500〜200個の卵を産み続ける彼女が、唯一口にするのが、ローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは、ミツバチが花から集めてきた花粉を働き蜂が体内で消化、分解、生成して、その体内から分泌したもんです。蜂蜜とは色も味覚も異なる、クリーム色の液体です。実際、舌をさすような酸味のある物質で、蜂蜜の甘さとはまったく違います。

ミツバチの巣では、将来女王となるべき姫君のための特別室が設けられ、そこで生まれた幼虫は、働き蜂から分泌されたローヤルゼリー(だけ)を食べて成長するんです。

このローヤルゼリーの有用性は、古代ギリシャ時代から注目されてきました。そして1950年代、当時80歳を超えていたというローマ法王がローヤルゼリーを飲用したということで健康食品として世界的に著名になったんです。法王は、その価値ある効用をたたえる演説までおこなったと言います。
ローヤルゼリーは、働き蜂がその体内から分泌し、まさに彼らの女王のためだけに与えるもんですから、実際、自然の状態では、ごくわずかな生産しかありません。現在、わたし人間が有用しているローヤルゼリーは、養蜂家がその高度な技術を駆使し、ミツバチの習性を活用してできる限り多くを採集することを可能にしたもんです。
とはいえ、ミツバチは、ごくわずか0.1gという体重の小さな生き物です。このミツバチが生産するローヤルゼリーがいかに少なく貴重なものであるかは容易にできるでしょう。