蜂蜜の秘密

プロポリス

こんにちは、「蜂蜜の秘密」です。

ミツバチは、巣の出入り口や巣の枠、隙間、巣穴の壁等に、様々な植物の新芽や樹脂などからつくった「補強材」を塗り付けて雨風や冷気、及び外敵の侵入を防ぎ、巣や自分たちの身体を、守っています。この「補強材」がプロポリスです。

紀元前4世紀のギリシャの哲学者アリストテレスは、「動物記」のなかでプロポリスについて「花の汁液やヤナギ、ニレなどんなヤニを出す樹液から出る涙」と記しています。「プロポリス」の語源は、ラテン語のpro「プロ=前、正面」+ギリシャ語polis「ポリス=都市」に由来するのです。「プロポリス」とは、外敵の侵入を防ぎ、都市を守る城壁を意味する言葉なんです。

樹脂には、植物の芽を保護したり、傷んだ幹を再生する働きがあります。ミツバチはこの力を本能的に知り、それを自分たちの身を守るために活かしているんです。

人間は、蜂蜜やローヤルゼリーと同様、このプロポリスのもつパワーに古代から着目し、人間の健康とその維持に役立てようとしてきました。

プロポリスには、フラボノドや桂皮酸誘導体、そのほかのビタミン類やミネラルなど、人間の健康に有用とされる成分がたっぷりと含まれています。フラボノイドというのは、植物に含まれる色素の一種です。植物が紫外線から自分の身を守るために不可欠の成分とされ、細胞膜を構成する脂質の酸化を防いで、細胞を、守るという重要な働きをするんです。
しかもプロポリスに含まれるフラボノイドは、良質とされています。